お問い合わせ・予約受付
03-6382-4880

リウマチ・膠原病

関節リウマチ

関節リウマチは、免疫の異常により関節の炎症が起こり、軟骨や骨が破壊され、放置すると関節が変形して機能障害を起こす病気です。
日本国内での患者数は現在70万人以上ともいわれ、女性に多く(男女比1:4)発症のピークは30~50歳代で、決してめずらしい病気ではありません。
病気の原因ははっきりと分かってはいませんが、免疫の働きに異常が生じ、本来は細菌やウイルスなどの異物から体を守るためのシステムが、自分のからだを敵とみなして攻撃します。それにより炎症が起こり、関節の痛みや腫れが生じるようになります。
症状
関節リウマチの初期症状として多いのが朝起きたときの手足のこわばりです。こわばりは昼寝のあとや、長時間体を動かさなかった後にもみられることがあります。また体のだるさ、疲れやすい、熱っぽさ、食欲がないなどの症状が出ることもあります。
関節の症状は手指(指の付け根や付け根から2番目)、手首、足趾などの小さい関節に起こりやすく、痛みが出たり腫れたりします。関節に熱をもつこともあります。膝や肘の関節にも痛みや腫れがみられます。
左右対称性におこったり、あちこち移動して痛むことが多いですが、1つの関節のみに症状が出ることもあります。
関節リウマチは関節の症状以外に関節外にも症状をきたすことがあります。

リウマトイド結節
肘や膝、後頭部などの皮下にできる柔らかいしこりで、痛みはありません。

肺障害
間質性肺炎や肺繊維症などの肺障害を起こすことがあります。症状として空咳や息切れがみられます。関節リウマチの治療薬の副作用でも起こりうることがあります。

末梢神経障害
手足の末梢の神経障害で手足にしびれが出ることもあります。

悪性関節リウマチ
関節リウマチにとどまらず、「血管炎による関節外症状」を認めることがあります。難治性の場合には「悪性関節リウマチ」と言われます。ただし内臓障害がなく、関節病変が進行して機能が低下したのみの場合には悪性関節リウマチとは言いません。悪性関節リウマチと診断されると、国の指定難病となるため、医療費助成の対象となります。
検査と診断
血液検査、画像検査の結果と症状、経過、診察所見から総合的に判断し診断する必要があります。また関節痛は関節リウマチ以外の病気でも起こりうるため、それらの病気を鑑別しながら診断します。

血液検査
リウマトイド因子、抗CCP抗体などの自己抗体や、関節リウマチの活動性をみるCRP、血沈、MMP-3などを測定します。

画像検査
① レントゲン検査 骨・軟骨の変化、変形などを評価します。
② 超音波検査(エコー) 関節内の滑膜の肥厚や炎症、骨・軟骨の変化を観察できます。発症間もない時期でも変化を捉えることができるため、早期診断にも有用です。
③ MRI検査 エコー同様に関節内の滑膜の肥厚や炎症、骨・軟骨の変化を観察するため、早期診断に有用です。
治療

もっとも重要なのは早期診断・早期治療です!

関節リウマチは、早期に治療を始める方が下記の寛解(治療を続けながら症状を消失させる)につながりやすいと言われています。発症から2年以内が一番骨破壊の進行も早いこと(30%近く破壊)も早期発見の重要性を裏付けます。一方で症状が様々で個人差も大きくシェーグレン症候群や乾癬性関節炎、リウマチ性多発筋痛症など関節リウマチと区別が難しい病気も多くリウマチ専門医による診断が重要となります。
関節リウマチの治療には薬物療法・リハビリテーション・外科的療法があります。
薬物療法
関節リウマチの薬物療法には抗リウマチ薬、生物学的製剤、ステロイド、消炎鎮痛剤があります。

抗リウマチ薬
関節リウマチの原因である免疫の異常に作用して、病気の進行を抑えます。
一般的に抗リウマチ薬は即効性がなく効果が出るまでに1~3ヶ月くらいかかるため、その間消炎鎮痛剤やステロイドなどで関節の炎症を抑える治療を併用することもあります。抗リウマチ薬の中でもっとも使われているのが、メトトレキサートです。約70~80%の患者さんが使っています。そのほかアザルフィジン、リマチル、プログラフ、ケアラムなどがあります。

代表的薬剤
メトトレキサート
アザルフィジン
リマチル
プログラフ
ケアラム
生物学的製剤
関節リウマチの炎症を引き起こす物質(サイトカイン)であるTNFαやIL-6の働きを妨げ、関節の炎症を和らげ、関節破壊の進行を抑えます。生物学的製剤は抗リウマチ薬の効果が不十分な場合に使用します。

代表的薬剤
抗TNFα阻害薬(レミケード、エンブレル、ヒュミラ、シンポニー、シムジア)
IL-6阻害薬(アクテムラ)
T細胞活性化阻害薬(オレンシア)
ゼルヤンツ
ステロイド
強力な抗炎症作用と免疫抑制作用があり、関節の腫れや痛みを和らげる働きがあります。長期間使用すると骨粗しょう症や感染症などの副作用のリスクなどあるため、抗リウマチ薬の効果が出るまでの補助的治療や関節リウマチの炎症が高い状態に短期間使用し徐々に減量するなど状態に応じて使用します。

代表的薬剤
プレドニン
メドロール
リンデロン
デカドロン
消炎鎮痛薬
関節の痛みを和らげる働きがあります。関節リウマチの炎症を抑える効果はありません。長期使用することで胃腸や腎機能への影響があるため、特に高齢者の方は長期使用の際は注意が必要です。

代表的薬剤
アスピリンに代表されるいわゆる鎮痛薬
ロキソニン
ボルタレン
セレコックス
リハビリテーション
リハビリテーションは、関節の動く範囲を広げ血液の流れをよくして、痛みやこわばりをとるための運動療法や、患部を温めて痛みやこわばりを和らげる温熱療法などがあります。
関節の動きや筋力を維持・改善する「理学療法」、生活動作を改善する「作業療法」、痛みをおさえたり変形を予防したりする「装具療法」のほか、「生活指導」などが行われます。
当院では患者様の機能維持•増進を目的に専門の理学療法士や作業療法士とともに積極的なリハビリを行う空間を準備しております。また、消炎鎮痛目的の物理療法も各種取り揃えおります。
外科的療法
関節リウマチの薬物療法が発達した現在でも、病勢がおさまらず関節破壊が進行したり、関節リウマチと診断した時にすでに関節破壊により機能障害を認めている患者さんがいらっしゃいます。そのような場合には手術も選択肢の一つとしてリウマチ外科にご紹介しています。
生活の注意点
関節リウマチの治療で大切なのは薬物療法だけではありません。日々の生活習慣、心身のストレスや関節への負担なども影響します。関節リウマチはおもに関節に症状が現れますが、実際は全身が消耗する病気です。そのために関節だけでなく全身を安静にすることも大切です。十分な睡眠、疲れを感じたら休息を取り規則正しい生活を送るよう心がけてください。また体調に応じてウォーキングや軽い運動なども関節の可動域や筋力を保つために有効です。関節の痛みがある時は無理して運動せず休養するようにしてください。
関節リウマチの痛みは冷えや湿気で悪化することがあります。冬だけでなく夏でも冷房の風に直接あたらないように心がけ、長袖やブランケットなどで保温するようにしてください。
関節リウマチは炎症や関節痛により運動不足となり筋肉量が減りやすくなります。また貧血や骨粗しょう症のリスクもあります。そのために良質なタンパク質、鉄分、カルシウム、ビタミンDの補給に心がけてください。また喫煙は関節リウマチの発症リスクや関節リウマチを悪化させる要因です。禁煙することを強くすすめます。

リウマチ性多発筋痛症

リウマチという名前が付いていますが、関節リウマチとは大きく異なる疾患があります。「リウマチ性多発筋痛症」です。 主な症状は「痛み」であり、発熱や頸部、肩、腰、太ももなど四肢近位部(近位筋)の疼痛を主訴とする原因不明の炎症性疾患です。
発症年齢は50歳以上の中高年に多く、男女比は1:2と女性に多いとされております。ごくまれに側頭動脈炎(こめかみの表面を走る血管の炎症。頭痛を訴えます)を合併することもあります。
臨床症状
筋肉痛 ・頸部から肩、肩甲骨、上腕にかけて、また、大腿部から膝など近位部に筋肉痛。
・痛みは軽度から耐え難い痛み、筋肉痛。
・肩甲骨部の疼痛は頻度が高い。
関節痛 ・多くは両側性•手関節•膝関節などに多い。
・手指関節が侵されることは稀。(関節リウマチと の鑑別点になりうる)
発熱 ・37℃台から38℃を超えるものまで。
・程度は様々。抗生物質や感冒薬では改善せず不明熱として扱われることも多い。
その他 ・易疲労感、食欲不振、体重減少、抑うつ症状などを伴うことがある。
検査
検査としては採血や超音波•MRIといった画像検査となります。
採血結果では主に赤沈の亢進やCRP値などの炎症反応の上昇を認めます。筋肉痛を訴えますが、筋肉が壊れた時に高値を示す血清クレアチニンキナーゼ(C K値)は正常なことが多いです。
また、抗核抗体やリウマトイド因子のよるな関節リウマチに認められる自己抗体は原則出現しません。
画像検査では両側の肩峰下や三角筋下、大腿骨転子下に滑液包炎を高頻度に認めます。
リウマチ性多発筋痛症の診断基準(Bird基準)
①両側肩の痛み および/または こわばり
②初発から症状完成まで2週間以内
③初診時、血沈40mm/時以上
④朝のこわばり(頚、肩甲骨、腰帯) 1時間以上
⑤年齢65歳以上
⑥うつ状態 および/または 体重減少
⑦両側上腕の圧痛
治療
ステロイドの内服を行います。年齢や治療効果によってステロイドの量を増減させます。多くは翌日~数日で改善する例が多いです。
高齢者に多いためステロイドによる易感染性、骨粗しょう症、高血糖などへの注意が必要となります。
ページトップへ