お問い合わせ・予約受付
03-6382-4880

  • 椎骨動脈解離

    2022.08.03

    こんばんは。院長のKです。

    先程、ニュースを見ていたら、「千鳥」ノブさん 首の痛みで入院 どんな病気? 命に関わることもというタイトルが飛び込んできました。

    タイトルから容易に病名が分かるのですが、やはり椎骨動脈解離でした。

    後頭部痛・後頸部痛は一見首の病気かと思いますが、脳の病気であるくも膜下出血、椎骨動脈解離の2つの病気は頭痛外来ではしばしば遭遇します。

    くも膜下出血はくも膜下腔(左右前後の脳を分けているスペース、切れ目、隙間です)に出血を起こします。生きるか死ぬかの狭間にいます。なので冒頭のタイトルにはなりません。最も命に直結する危険な病気のため、あの様なタイトルにはなりません。

    椎骨動脈解離。これはよく遭遇する病気なのですが、一般の方々にはあまり馴染みのない病気です。

    椎骨動脈解離は、血管の壁が剥がれます(血管の壁は内中外膜の3枚の膜がミルフィーユのようにくっついて一枚岩壁となってます)。しかし、その膜が剥がれてしまうのが解離です。

    解離を起こすと、①血管が腫れ上がりくも膜下出血に、②血管が狭くなり脳梗塞に、③偶然にも運良く頭痛のみ のいずれかで発症します。

    ③の人はラッキー。2-3ヶ月で大部分が自然治癒します。一部で①や②へ移行します。

    ①のくも膜下出血発症は大部分がお亡くなりになります。

    ②の脳梗塞は延髄と小脳に脳梗塞ができ、温痛覚が消失(温かいものを温かいと感じない)、痛みが感じない、ふらつきなどの症状が出ます。

    侮れない頭痛の1つ、当院でMRIを施行している理由の一つです。

    見逃したら最後。命に関わるのです。

    CTではくも膜下出血はわかります。しかし椎骨動脈解離は分かりません。MRIの中でMRAという動脈撮影が必要のなります。

    後頭部・後頸部痛は決して整形外科領域だけではなく、脳神経外科領域の可能性がある事も念頭に入れておきましょう。

カレンダー

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最新の記事

アーカイブ

ページトップへ